意味

さて、人間の内容の無い生活の様子をよく考えて見ますと、およそ儚いものは、人間の生まれてから死ぬまでの間のことで、それは幻のような生涯です。


それゆえに、いまだ一万年の寿命を授かった人がいたなんてことを聞いた事がありません。

人の生涯は過ぎ去りやすいものです。
今までに誰が百年の肉体を保ったでしょうか。(人の死は、)私が先なのか、人が先なのか、今日かもしれないし、明日かもしれない、人より後であろうが先であろうが、草木の根元に雫が滴るよりも、葉先の露が散るよりも多いといえます。

それゆえに、朝には血色の良い顔をしていても、夕には白骨となる身であります。
もはや無常の風が吹いてしまえば、

即座に眼を閉じ、
一つの息が永く絶えてしまえば、
血色の良い顔がむなしく変わってしまい、桃やすもものような美しい姿を失ってしまえば、
一切の親族・親戚が集まって嘆き悲しんでも、どうする事もできない。


そのままにはしておけないので、
野辺に送り荼毘に付し、夜更けの煙と成り果ててしまえば、
ただ白骨だけが残るだけです。
哀れと言っただけでは言い切れない。

人生の終わりは、年齢に関わりなくやってくる。だからどのような人も「後生の一大事」を深刻に受け止め、

阿弥陀仏から他力の信心を頂いて、念仏申すべきであります。

白骨の御文章を聞き意味を知る場所
白骨の御文章を音声(動画)で流し、聞きながら意味も知るページ。
ウェブ アニメーター ブックマークお忘れなく。
一葬儀人の立ち上げた
小さな般若心経供養サイト
般若心経・(全文現代語訳)
意味を知るより唱えよう
行旅死亡人とは
行旅死亡人供養所・斎場1
仏に近づき安心斎場・
心霊恐怖心供養斎場2
あなたの大切な故人様・
御先祖様供養所・斎場3
仏の世界
白骨の御文章・
聞きながら意味を知ろう
供花したい方の募集
(供花とは?)
会社概要
お問合せ・供花のご注文
トップページへ戻る
白骨の御文章に耳を傾けてみよう。


(このページはスクリプト ActiveXコントロールのブロックをはずしてご覧ください。
般若心経を聞くにはWindows media playerが必要です。
インターネット・エクスプローラー推奨
firefox准推奨。chromeは×。ずれたりします。media player のアドオンを有効にしてください。 firefox  chrome それぞれの、プラグイン利用の仕方。)どうしても無理な場合、youtubeをどうぞ。

土真宗の葬儀、通夜、枕行などでよく読まれる”白骨の御文章”。
非常に心に響きます。人は無常である。私が先か、後か、いずれ死ぬる。朝は、紅顔、夕には白骨になる身が人なのだ。死に関して言えば、人は空しいはかない存在だ。

だから、生きて在るうちは、必死で生きて、阿弥陀仏に帰依し手を合わせなさい、といった内容。

私たち生者に、非常に響き、生き方に勇気を与え、死ぬるときには覚悟ができる内容。死が理解できるから生あるうちは必死になれるし、死を迎えても、この御文の御蔭で恐怖がかなり軽減されます(それが世の常だ。我が先、我が後、いずれ皆死ぬ。)。ぜひ生きてあるうちに、心にとどめたほうがいい素晴らしい文章です。

くなった方たちにも聞かせたいですね。安心するんじゃないで
しょうか
。生きている人も、亡くなってしまっても、後と先だけの問題
である。

あなたは先に逝ったけれども、我々もいずれ逝く、ということで、
同情と、安心。いずれ縁のある方々に会いまみえるのだ、と
思えると思います。

生きてる事がすべてではない。白骨になった姿を見れば、それも
我々人の世の姿。悲しむばかりの事ではなく、”無老死尽”老いた
り死んだりの尽きない世界なのだから、誰しも最後に経験する事
です。(故人様、無縁仏さまには)貴方だけが悲しむ事ではない、

皆、いずれ同じ道を歩むのだ。今は、阿弥陀如来に手を合わせ、
回向してもらいなさい、行くべき道に、導かれなさい、と、この
御文章をお聞かせするのがいいかと思います。

それでは静かな気持ちで、お聞きください。どうぞ。
(↓PLAYを押せば、
白骨の御文章が始まります。↓)。        

白骨の御文章

再生出来ない場合↓
youtube 白骨の御文章クリック          


それ
人間の浮生(ふしょう)なる相をつらつら観ずるに、

おほよそ儚きものは、この世の始中終(しちゅうじゅう)、

幻のごとくなる一期なり。

されば、いまだ万歳(まんざい)の人身(にんじん)を受けたり
といふことを聞かず。

一生過ぎやすし。

今に至りて、誰か百年の形体(ぎょうたい)を保つべきや。

我や先、人やさき、今日とも知らず、あすとも知らず、

遅れ先立つ人はもとのしずく、末の露よりも繁しと言へり。

されば朝(あした)には紅顔ありて、

夕(ゆふべ)には白骨となれる身なり。

すでに無常の風、来たりぬれば、

すなはち、二つの眼(まなこ)たちまちに閉ぢ、

ひとつの息、永く絶えぬれば、

紅顔むなしく変じて桃李のよそほひを失いぬるときは、

六親眷属あつまりて嘆き悲しめども、

更にその甲斐あるべからず。

さてしもあるべきことならねばとて、

野外に送りて夜半の煙となしはてぬれば、

ただ白骨のみぞ残れり。

あはれといふも中々おろかなり。

されば人間のはかなきことは老少不定のさかひなれば、

誰の人も早く後生の一大事を心にかけて、

阿弥陀仏をふかくたのみまゐらせて、

念仏まうすべきものなり。

あなかしこ。あなかしこ。







はい、お疲れさまでございましたした。

このサイトで阿弥陀如来がよく書いてありますが、別段、阿弥陀如来に強く帰依しろ、というわけでたくさん登場頂いているわけではなくて、手軽で理にかなってるから、現代の人に良いと思って一番前に出しています。

ボタンひとつで結果を欲する時代、南無阿弥陀佛、全て阿弥陀に任した!(他力本願)でいいのですから、この仏は複雑さを求めず、現代人にマッチしていると思い、また、他力にまかせ、心を楽にする、という事がいかに大切で正しいか、という気がしましたので、皆様にご紹介しています。

誰を信奉しても良いと思いますよ。(私は一番働き、役目が多い仏、観音様が一番好きですし。)だから、深読みせずに、ただ南無阿弥陀仏。阿弥陀如来に他力本願で、楽な気持ちになってください。

それが一番です。皆さまの気持ちが楽になるのが何よりなのです。


それでは、時間がある方はぜひ、斎場1(行旅死亡人供養所)にお立ち寄りください。よろしければ、白骨の御文章を聞かせてあげて頂きたいです。故人様方心が休まると思います。

よろしくお願いいたします。

その際は、何度も言いますが他力本願、阿弥陀如来が全て、あなたも守り、手を合わせる方をも回向する、と思いつつ、安心しながら供養を行ってあげて下さい。



(c) Copyright 2012 shuukyakuSYS, Inc. All right reserved.