意味(般若心経の全文.・現代語訳)

大いなる知恵の完成に関する要諦をここに書き記します。

観音菩薩様が、
知恵の完成の為の行をし、深遠を得た時、この世の中は五大要素で構成されてると言われているが、そうでない事を見抜かれた。

その際、一切の苦しみから解放されたといいますが、それはどういった事なのでしょうか。


舎利子よ(釈迦の十大弟子”舎利佛(ほつ)”)

この世の中と、無の世界は違えて考えてはいけない。現世と空の世界は表裏一体だ。

この世はこれすなわち、無に等しいし、無から、また色を帯びて、この色の世界に現れる。色が枯れてまた無に帰すからである。

感受したり、思ったり、意欲的になったり、心で知ったりする事も、それと同じような事である。


舎利子よ

このようにこの世は空(無)の理が付きまとうのだから、

生まれいずる観念もなければ、滅する観念もない。

汚いという観念も、きれいという観念もない。

増えもしなければ、減リもしないのだ(宇宙(無)と色の世界の間を物体が移動を繰り返している。)。

是ゆえに、心の中に形づけられる物は、何一つないのだ。という事は、
心の働き(感受したり、思ったり、意欲的になったり、心で知ったりする事)も一切無いという事なのだ。
目も、耳も、鼻も、舌も、身体も、心も、無い。それぞれの感覚は、無い。
何色、声がする、香しい、味がする、触った、それもない、その対象もないのだ。

この世は限りない世界である。意識的に区切った世界ではない。
(悟りに対する)無知はない。
また、(悟りに対する)無知は尽きない。

そして、老いたり死んだりも無いが、

また、老いたり死んだりが尽きない世界でもある。

苦しみは無くならない。その原因を見つける事も、滅する事も出来ず、そこに辿る道もない。

人間は知る事も、得る事も実は出来ない、以て
知る事も得る事も出来ないがゆえに、

悟りを求める者たちは、

知恵の完成におわします(住んでいる。一体化。)。
故に、
悟りを求め、悟った者は、心に妨げなど無い。

妨げがないがゆえに

恐怖もない。

間違った理から遠く離れ

静かな境地におわします。
過去仏、現在仏(衆上に名が出ているたくさんの仏)、未来仏(弥勒菩薩)達は

知恵の完成によって悟っているので、
この上ない悟りの境地に達しました。

故に知れ、この知恵の完成を。

この真言は神がかりです。

この真言の素晴らしさは明らかです。

この真言はこの上ない真言であり、

この真言は比類なき真言です。

全ての苦しみから解き放ち、

真実のもので、虚構ではない。

故に説こう、知恵の完成に関する真言を。

その真言とは即ち

往けよ、往けよ

彼の地へ赴け

彼の地へ行って、全てに到達したとき、

あなたは本当の悟りを得るでしょう。幸あれ。

知恵の完成に関する要諦を書き記します。



般若心経 意味を知るより唱えよう(般若心経の全文現代語訳)
般若心経を音声(動画)で流し、共に唱え、意味をも知るページ。
 ブックマークをよろしくお願いいたします。
一葬儀人の立ち上げた
小さな般若心経供養サイト
般若心経・(全文現代語訳)
意味を知るより唱えよう
行旅死亡人とは
行旅死亡人供養所・斎場1
仏に近づき安心斎場・
心霊恐怖心供養斎場2
あなたの大切な故人様・
御先祖様供養所・斎場3
仏の世界
白骨の御文章・
聞きながら意味を知ろう
供花したい方の募集
(供花とは?)
会社概要
お問合せ・供花のご注文
トップページへ戻る
般若心経を唱えてみましょう。
(般若心経の全文現代語訳)

(このページはスクリプト ActiveXコントロールのブロックをはずしてご覧ください。
般若心経を聞くにはWindows media playerが必要です。
インターネット・エクスプローラー推奨
firefox准推奨。chromeは×。ずれたりします。media player のアドオンを有効にしてください。 firefox  chrome それぞれの、プラグイン利用の仕方。)どうしても無理な場合、youtubeをどうぞ。

のサイト推奨は、般若心経を唱える際、宇宙をイメージする事に致しましょう。般若心経に使われている空(無)は宇宙も現してるからです。

また、何のために般若心経を唱えるのか明示いたしましょう。ただ漫然、般若心経を唱えても意味ない、と言います。例えば、あなたのお悩み解決は、仏様に唱えます、で行きましょう。自分の事ばかり考えるのでは、余念が出やすいので、仏に唱えれば、仏は、全て見てますので、それだけでお悩み解決も同然と思われます。何も言わなくても、大丈夫だと思いますよ。

唱えるときは、全て投げ打つ姿勢で。仏に全てまかせ、心の中を空にし、
楽な気持ちになるまで、全て、任せきってください。

”他力本願”でいいのです。

こちら般若心経を唱える目的をお書き込みください。
それでは静かな気持ちで、どうぞ
(↓PLAYを押せば、般若心経が始まります。↓)。

魔訶般若波羅蜜多心経


再生出来ない場合→youtube般若心経クリック

「魔訶般若波羅蜜多心経」 
(まかはんにゃーはらみーたーしんぎょう)


観自在菩薩 (かんじーざいぼーさつ)

行深般若波羅蜜多時 
(ぎょうじんはんにゃーはーらーみーたーじー)


照見五蘊皆空 (しょうけんごーうんかいくう)

度一切苦厄 (どーいっさいくーやく)

舎利子 (しゃーりーしー)

色不異空 (しきふーいーくう)

空不異色 (くうふーいーしき)

色即是空 (しきそくぜーくう)

空即是色 (くうそくぜーしき)

受想行識 (じゅーそうぎょうしき)

亦復如是 (やくぷーにょーぜー)

舎利子 (しゃーりーしー)

是諸法空相 (ぜーしょーほうくうそう)

不生不滅 (ふーしょうふーめつ)

不垢不浄 (ふーくーふーじょう)

不増不減 (ふーぞうふーげん)

是故空中無色 (ぜーこーくうちゅうむーしき)

無受想行識 (むーじゅーそうぎょうしき)

無眼耳鼻舌身意(むーげんにーびーぜっしんにー)

無色声香味触法(むーしきしょうこうみーそくほう)

無眼界乃至無意識界
(むーげんかいないしーむーいーしきかい)

無無明 (むーむーみょう)

亦無無明尽 (やくむーむーみょうじん)

乃至無老死 (ないしーむーろうしー)

亦無老死尽 (やくむーろうしーじん)

無苦集滅道 (むーくーしゅうめつどう)

無智亦無得 (むーちーやくむーとく)

以無所得故 (いーむーしょーとくこー)

菩提薩垂 (ぼーだいさったー)

依般若波羅蜜多故 
(えーはんにゃーはーらーみーたーこー)

心無罫礙 (しんむーけいげー)

無罫礙故 (むーけいげーこー)

無有恐怖 (むーうーくーふー)

遠離一切顛倒夢想 
(おんりーいっさいてんどうむーそう)

究竟涅槃 (くーきょうねーはん)

三世諸仏 (さんぜーしょーぶつ)

依般若波羅蜜多故
(えーはんにゃーはーらーみーたーこー)

得阿耨多羅三藐三菩提 
(とくあーのくたーらーさんみゃくさんぼーだい)

故知般若波羅蜜多 
(こーちーはんにゃーはーらーみーたー)

是大神呪 (ぜーだいしんしゅー)

是大明呪 (ぜーだいみょうしゅー)

是無上呪 (ぜーむーじょうしゅー)

是無等等呪 (ぜーむーとうどうしゅー)

能除一切苦 (のうじょういっさいくー)

真実不虚 (しんじつふーこー)

故説般若波羅蜜多呪 
(こーせつはんにゃーはーらーみーたーしゅー)

即説呪曰 (そくせつしゅーわつ)

掲諦掲諦 (ぎゃーていぎゃーてい)

波羅掲諦 (はーらーぎゃーてい)

波羅僧掲諦 (はらそうぎゃーてい)

菩提薩婆訶 (ぼーじーそーわーかー)

般若心経 (はんにゃしんぎょう)






はい、お疲れさまでございましたした。ちょっとしたエピソードを。この御経を漢文訳したのは、玄奘三蔵(三蔵法師)いわゆる、西遊記の御坊様といわれております。

その際、あまりにもありがたく、素晴らしいことばなので訳すなど出来ない、という個所があります。それが、ぎゃーていぎゃーてい はーらーぎゃーてい はらそうぎゃーてい ぼーじーそわか のところで、これはサンスクリットの音のままですので、非常に違和感がありますね。

実は、この一節だけ覚えればいい、という説もあるくらい、ありがたい真言です。
あーのくたらさんみゃくさんぼだい、はんにゃー、はらみった、もそうかと思われます。

唱えれば、あなたを見守る人々が多くなるはずです。過去に唱えた人は数限りないからです。これからもたまさか、このサイトに、唱えに来て下さいね

・・・最後に、もしよろしければ、無縁の仏様にも、般若心経を流していただき、手を合わせていただきたいものです。時間がある方は、斎場1(行旅死亡人供養所)にお立ち寄りください。

よろしくお願いいたします。

その際は、他力本願、阿弥陀如来が全て、あなたも守り、手を合わせる方をも回向する、と思いつつ、安心しながら供養を行って下さい。



(c) Copyright 2012 shuukyakuSYS, Inc. All right reserved.