ポリッシュマン・アークバリア21
 車の艶は磨きから、と
  コーティング選びのポイント


磨きの技術とポリマー加工(アークバリア21)。ガラスコーティングやスモーク、カーフィルム施工も
ポリッシュマン
(埼玉 さいたま)
п@048−688−2537

さいたま市見沼区小深作429−13
車の磨き方で、更に輝きが増す!
車の磨き方で、更にコーティング持続性が増す!
・・・入念に磨かせていただきます。
車の艶は磨きから

アークバリアお取り扱い店舗リンク




・一般のカーケアとプロの磨きの違い  

コーティングする時プロと一般の方で最も違う点はズバリ下地作りに掛ける手間と時間の部分です。

一般の方の場合は洗車して、すぐにコート剤を塗布し、それをただ拭き取るだけの「一段階」の作業工程であるのに対し、プロの施工では、

洗車から前処理・中間磨き・最終磨きと下地作りだけで「3工程」の下地処理を踏んで、初めてコート剤を塗る前の段階に辿り着くのです。



コート剤だけの艶は意外と早く落ちてしまいますが、磨きによる艶には持続性があり、「下地の美しさ」と「コーティングの艶」の相乗効果で長期に亘って車の艶を保持する事が可能となるのです。



 
プロが施工した車が、ひときわ輝いて見えるのは、このように段階を分けて、そこだけに全神経と体力を注いた作業を行うからであって、性能の高いコート剤を使っているから、だけではないのです。


 
                                
↓↓次のコーティング選びのポイントへどうぞ!!↓

又は・・・
コーティング選びのポイント
★コーティング選びのポイント
 
(従来のコーティングの実情)
 
従来のコーティングは油脂成分が中心の被膜ではなく油膜で保護するものが殆どでした。
 
ペイントシーラントやテフロン加工などといった油膜で保護するコーティングは
成分の殆どがWAXと同じシリコン成分で、施工後3ヶ月位でコーティングが酸化してしまう為、結局塗装も酸化してしまうという悪循環でした。
また再施工時には酸化したコーティングを削る必要がある為、そのたび塗装も薄くなってしまうという大きな問題点もありました。
 
(ガラスコーティングのメリット)
 
従来のコーティングの弱点である保護膜の酸化を解消するために生まれたのが
ガラスコーティングです。
 
酸化する塗装を酸化しないガラス被膜で守る
これがガラスコーティングの基本的なコンセプトです。
 
ガラスコーティングの目的は単に水を弾かせたり、洗車を楽にするだけではなく、硬いガラス皮膜でダメージを軽減し、塗装を削らないメンテナンスで美観を維持できる点が最大のメリットなのです。
 
(選択が難しいガラスコーティングの種類選びと場所選び)
 
最近コーティングの主流になりつつあるガラスコーティングですが
プロのコート剤でもガラス成分の比率が多いものから少ないものまで種類はさまざまです。
また最高のガラスコート剤さえあれば、最高の仕上がりになるとは限りません。

最高のコート剤、施工者の技、使用する機材、施工環境等の条件がそろって初めて最高のガラスコーティング施工が出来るのです。
 
 
(最近の車の塗装事情)
 
昨今では環境問題から世界の自動車メーカーが有害な塗料の使用を制限されている事から、昔に比べ塗装の厚みが極端に薄くなり、塗料も対候力が低い水性塗装に切り替わりつつあります。

従ってコーティングも従来の様に寿命の短いコーティングを短いスパンで行い、施工のたび塗装を深く削る方法はマッチしなくなってきました。。
 
これからは新車時から丈夫なコーティングをして”塗装を削らないメンテナンスで美観を維持する”これが今後の車にとって最も理想的なカーケアーとなっていく事でしょう。
 
                 
                   当店おすすめのガラスコーティングのページへ
作業工程
テップ@    
ボディー洗浄 
  :ボディー、タイヤ、ホイールの手洗い洗車+油分除去作業
-------------------------------------------------------------------
テップA    
 前処理 
    :ボディーの鉄粉除去作業及び下回りピッチタール除去    
-------------------------------------------------------------------
テップB    
 塗装診断
   :塗装のダメージをチェック
-------------------------------------------------------------------
テップC    
細部仕上げ
   :機械が入らない隙間や奥まった部分を手磨きで綺麗にします。
-------------------------------------------------------------------
テップD    
一次磨き
     : 数種類の研磨剤を使用し、塗装の劣化部分、深い傷・雨シミを                                  研磨除去します。
-------------------------------------------------------------------
テップE       
中間処理 
  : 一次磨きで残った傷、バフ目を取り、表面をさらに滑らかな肌に調整します。
-------------------------------------------------------------------
テップF      
最終磨き
     :さらにキメが目が細かい研磨剤でもう一段上のレベルに持って
          行くための最終磨きを行います。
-------------------------------------------------------------------
テップG   
脱脂処理
     :コーティングの密着を高めるため研磨剤の油分を除去します。                                                               
-------------------------------------------------------------------
テップH
コーティング
   :ボディーコート剤の塗りこみ+拭き上げ
-------------------------------------------------------------------
テップI    
焼付け・乾燥
   :コーティングの焼付け処理+自然乾燥
          (中波赤外線ヒーター使用)
-------------------------------------------------------------------
テップJ
最終コーティング
 :ドア内回り+ランプレンズ+未塗装樹脂部分        
-------------------------------------------------------------------
---------------------
 完了              ★施工完了★
                
お引渡し           ----お引渡し----




お問い合わせ、お待ちしています!

車の艶は磨きから | コーティング選びのポイント | 当店コーティングのご紹介(ポリッシュ:磨き) | 当店コーティングのご紹介(コーティング) 
| オプション(アルミホイールコート・撥水ガラスコート)
| 施工したお客様の声 | 施工アルバム | before & after | 施工料金(目安) 
ショップ案内お問合せ・資料請求トップページに戻る
(c) Copyright 2004 polish man, Inc. All right reserved.