ポリッシュマン・アークバリア
 オプションメニュー
(アルミホイールコート・ガラス撥水コート)


磨きの技術とポリマー加工(アークバリア21)。ガラスコーティングやスモーク、カーフィルム施工も
ポリッシュマン
(埼玉 さいたま)
п@048−688−2537

さいたま市見沼区小深作429−13

・アルミホイールコート
・ガラス撥水加工
アルミホイールコート

アークバリアお取り扱い店舗リンク


        
   
イール部分はブレーキの摩擦熱や路面の汚れ等、
常に過酷な条件下にさらされています。
 
ボディーでは長持ちしたコーティングでもホイール部分となると、
持続性が落ちてしまうのが一般的
です。
 
それはブレーキ摩擦による急激な温度変化の繰り返しにより、
コーティング層がすぐにズタズタにされてしまうからなんです。
 
店はホイールには1300度の高温でも溶けない、シリカガラス(石英)
の被膜ができるガラスコート剤で施工しています。
 
のガラスコートの特徴は特に耐熱性と防汚性に優れており
普通は熱で固着して取れなくなる油性汚れやブレーキダストも
施工後は付きづらく、付いても水洗いだけで簡単に落とせる様になります
 
普段は面倒な足回りのお手入れですが、このホイールコートをしとけば
ゴシゴシ汚れ落しをする事無く、軽いお手入れだけで、
アルミの美しさがいつまでも維持できます
 
 

 
ガラス撥水加工
来のガラス撥水コートはシリコン成分が主体だったため、油分による
視界のぎらつき、ワイパーのビビリ、持続性に難点がありました。
 
店のガラス撥水コート(クリーンXGプロ)はシリコン成分を一切含まない
純フッ素の特殊な化学結合により、ガラス面と撥水被膜が直接密着する
画期的なガラス撥水コートです。



常のガラス撥水コートは、一ヶ月〜三ヶ月で効果が無くなりますが
クリーンXGプロはワイパー拭き取り面でも約一年以上のの持続性が
当店施工車でも実証されています。
 
<主なメリット>
            
・強い撥水効果で視界が良くなる。

・ガラスのシミを完全防止
               
・ガラスが凍結しづらい


お問い合わせ、お待ちしています!

車の艶は磨きから | コーティング選びのポイント | 当店コーティングのご紹介(ポリッシュ:磨き) | 当店コーティングのご紹介(コーティング) 
| オプション(アルミホイールコート・撥水ガラスコート)
| 施工したお客様の声 | 施工アルバム | before & after | 施工料金(目安) 
ショップ案内お問合せ・資料請求トップページに戻る
(c) Copyright 2004 polish man, Inc. All right reserved.