タイヤ空気圧の事
いずれ忘れてしまうだろうけど、買うときは知ってもいい
タイヤサイズの事
女の子用タイヤ”ミシュラン”女性の安全重視型タイヤ”ミシュラン”
のタイヤ価格情報・タイヤ交換情報提供サイト
( ̄^ ̄;)v


男の子も、読んどこ。知っとこ。( ̄▽ ̄)v
INDEX

女の子用タイヤ(ミシュラン)(*^-^*)/ページ
女の子用タイヤ(ヨコハマタイヤ)(*^o^*)ぺージ
タイヤ持ち込み交換情報
通販は店に行って買うより安上がりのワケのページ
タイヤ空気圧の事と忘れてもいいけど買うときは知っても良いタイヤサイズの事
会社概要
お問合せ・お見積もり請求・
ミシュラン(無料)
お問合せ・お見積もり請求・
ヨコハマ(無料)
ご注文・ミシュラン
ご注文・ヨコハマ
トップページに戻る


タイヤの空気圧調整は、ガソリンスタンドに立ち寄った際、調整してもらってください。
大概の乗用車は、2.0kg〜2.4kg入っていれば、OKです。(-.-)y-~

タイヤの空気圧調整は、ガソリンスタンドに立ち寄った際に、お願いするのが一番安全です。任せてください。ヽ(´ー`)ノ

ご自分でやるのは危険であり(死亡事故例、結構多い。)、分からないし、面倒かと思います。知っている方に任せてしまった方がいいです。壁‖ω◎;) 「危ないのね。」

大方の乗用車、ワンボックス、ミニバンは2.0〜2.4Kg入っていれば大丈夫です。しかし車種によっては(RVと呼ばれているもの。)、2.4〜3.0kg必要なものもあります。

運転席のドアを開けて見てください。ステッカーが張っています。其のお車の空気圧が分かりやすく書いてありますから、其の数値にのっとり、空気圧を調整してください。
    
愛車のドアーを開けて、赤い矢印の辺りをご覧になってください。(^^)
(◎.◎))Ξ((◎.◎)

(・・ ;)

前輪・後輪の適正空気圧が書いてあります。ココに無い場合、欧州車等は給油口のふたに書いている場合があります。(-.-)

大体、2.0kg〜2.4kg入れていれば、大丈夫なのがご理解できると思います。(^.^)♪

又、タイヤによって、扁平率60以下(55、50、45、40、35など)は多めに入れてください。目安は、2.5Kgがいいと思います。
(= ̄▽ ̄=)「ドアに書いてあったのか!」

扁平率という言葉が出たところで、いずれ忘れてしまうだろうけど、買うときは知っていてもいい知識を

扁平率とは?興味あんまりないでしょうから、ざくっと。(^_^;)
(‥ ?)

タイヤの側面を見ると、ある数字が刻印されてあると思います。
205/65R15とか155/65R13あるいは、145R12-6PRとかです。
これが、タイヤサイズと呼ばれるものです。

どういった意味があるか?(^_^)
205/65R15

205はタイヤの幅です。太さの数字ですね。太ければ、コーナリング性が高く、グリップやレスポンス(地面としっかり接地する。車の性能が、タイヤを通してすぐに伝わる。)もよく、スポーティーな走りは出来るが、乗りみはハンドルが取られるなどのデメリットがあり、操舵性は悪い(悪路は危険)、燃費が悪かったりします。

ですから、幅の狭い195や185の方が、コーナリング、グリップ性能は悪いがハンドリングは楽でよく、燃費がいいという事が言えます。


65は、タイヤ幅に対しての、サイドウォール(側面)の高さが何パーセントかを表します。65よりは45の方がサイドウォールが低く(薄く)なり、見た目がスポーティ、かっこよく、コーナリング性が良くなりますが、路面状態のショックを受けやすく、乗りみがごつごつして、快適でなくなります。

逆に、70、80(%)になると、サイドウォールが高くなり、見た目はフツーのタイヤとしか見れず、コーナリング性は悪くなりますが、路面の悪い状態でもショックを吸収して、乗り心地は良くなり、快適なのです。

15は、インチ、つまりは、タイヤの外径(大きさ)を表します。大きい数字ほど大きいタイヤ、小さいほど小さなタイヤです。

簡単ですな。

ですから、ドレスアップしたい、スポーティーに走りたい、かっこよくしたい、という人は、車種や年式をいただければ、乗りみが悪く、燃費が悪くなっても、扁平率の低い50や45で、幅広のタイヤ、インチアップ(タイヤを大きくする事)をご用意しますが(アルミホイールも代える必要が発生いたします)、

フツーに乗りたい女の子は、やはり、ご自身のお車の運転席側のドアに、標準装着のタイヤサイズが書いてありますので、そちらのタイヤを装着された方が、トータルバランスがいいでしょう。

なんだかんだ言っても、自動車メーカーさんが提示した数字が、一番バランスのいい数字でしょうね。

(-_-;)「任せるわ・・。」^^;「それでいいと思うよ・・・。」



      
タイヤサイズ
205/65R15のタイヤはこんな感じ。

幅広でグリップ力はあるが、スポーツ性は、あまり高いとはいえない。しかし、乗り心地はよく、経済性もやや高めのタイヤ。
この65辺りが一般的ですね。


タイヤサイズ
215/45ZR17のタイヤはこんな感じ。

幅広で、グリップ力が高く、コーナリングなどのスポーツ性は高い。しかし、乗り心地は悪く、路面のショックを受けやすく、ハンドルも取られがちで重い。経済性など考えてはいけない。悪い。
見た目はかっこいいので、アルミと組み合わせれば、かなりのドレスアップ。
ZRのZとは240Kmの速度にも耐えるよ、ということです。


タイヤサイズ185/R14 8prのタイヤはこんな感じ。

幅が狭く、グリップ力やスポーツ性とは程遠い。見た目も、重ったいただのタイヤ。
しかし、扁平率80%とサイドウォールが高いので、タイヤ幅も狭くショックを吸収しやすく、乗り心地は快適で、経済性も高いのです。荷運びなどにもマッチするタイヤ。

(ちなみに8prはタイヤの強度だと思ってよく、上記二つは記載されて無いが大体4pr。このタイヤは8prなので、倍の強さを保っている。荷運び、大人数を運搬する車に使用される。)




(c) Copyright 2005 shuukyaku sys Inc. All right reserved.